top of page
 == 協会の沿革 == 

  一般社団法人鹿児島県中小企業診断士協会は、「会員相互の連携を緊密にし、会員の指導及び資質の向上に努めるとともに、中小企業診断制度の普及と推進を図り、もって中小企業・小規模事業者等の振興と国民経済の健全な発展に寄与すること」を目的として、平成24年4月2日に設立されました。
 前身である 社団法人中小企業診断協会 九州支部 鹿児島県支会として、​昭和33年6月に発足以来 今日まで、鹿児島県の中小企業・小規模事業者の経営に関する様々な支援活動を行ってまいりました。

今別府さんS.jpg

 【 ​ごあいさつ 】       会 長  今別府 忍

 少子高齢化による人口減少傾向を背景に、国際情勢の悪化や新型コロナ感染症による物価上昇、消費低迷等のダメージが加わり、地域経済の悪化は深刻化しています。一方で、感染症の拡大は落ち着きを取り戻しつつあり、事業者にとってはポストコロナに向けた事業展開の中身が問われる局面となりつつあります。
 当協会員は、経営コンサルタント唯一の国家資格である中小企業診断士が持つ知識・能力および経験を活かして、中小企業の経営診断、支援・助言を行う専門家として、幅広く活躍しています。当協会は、会員の指導力及び資質の向上に努めるとともに雇用や納税等を通じて地域社会の発展を担う中小企業の支援機関として企業経営者と会員をつなぐことを大きな役割としています。
 引き続き、私ども 一般社団法人鹿児島県中小企業診断士協会を身近で頼れるパートナーとしてご愛顧いただきますようお願い申し上げます。

【 事務局 】


〒890-0082

  鹿児島市紫原2丁目

    7-1-105  

 【 ​役 員 】  

会 長

 今別府   忍

副会長

 瀬戸口 晴子(イベント担当)

専務理事

 森     毅憲(会計担当)

理 事
 武田   清孝

 向江    隆行(IT担当)

 福岡    正人(研修担当)

監 事

 岩元   耕児

 浦島   和衛

​ 【正会員】 

 有川 真哉
 今別府 忍
 岩﨑 雄司
 岩元 耕児
 浦島 和衛
 江原 厚生
 奥 浩昭
 河野 正文
 久保 武志
 黒坂 和民
 小島 晋一
 児玉 健矢
 外戸口 孝一
 小園 一晃
 小林 昭文
 佐伯 敏雄
 鮫島 省吾
 嶋﨑 浩二
 新屋敷 辰美
 瀬戸口 晴子
 園山 圭美
 武田 清孝
 田上 知樹
 津田 輝久
 東郷 浩泰
 東條 公平
 中筋 一郎
 中畑 寿子
 長友 翔
 庭月野 康
 東園 深水
 久留 正成
 平田 哲郎
 寛山 一郎
 福岡 正人
 福留 秋男
 細川 正敏
 堀切 研一
 前堂 恵斗
 丸野 桂太郎
 向江 隆行
 餅田 淳一
 森 毅憲
 矢野 真吾
 山下 弘文
 山下 純二
 吉滿 秀明
  (五十音順・R6.2.20現在)

20190525_総会wk.jpg
20181113 診断協会講演会2.jpg
bottom of page